2018年2月10日土曜日

水草と言う特殊な商品

水草の入荷ルートは様々あります。
一般的なところでは、ヨーロッパ、東南アジア、国内の
水草ファームからの入荷です。日本国内で流通している
多くの水草がこのルートでしょう。

私が身を置く特殊な水草界の場合はちょっと違いますね。
みなさんご存知の採集業者さんたちが持ち帰る、現地で
採集された水草(まぁ今は植物と言った方が良いですが)が
メインとなります。
プラスアルファで、問屋さんの努力による現地の業者を
使った採集品が入荷します。代表的なところでインド便、
カメルーン便、ギニア便、インドネシア便などです。
ブラジル便のように今はもう途絶えてしまったルートもあり、
過去には様々なものが入荷しました。
同じ便でも実は現地の業者が変わってることも
あります。

振り返ると、本当に多くの水草が日本にやってきては
消えて行くと言うことを繰り返していますが、幸いにも
ずっと維持されている種類もあります。

例えばトニナsp.と言う有茎草を見てみましょう。


一世を風靡したトニナsp.です。
文字通りスタープランツと言えるほどの
地位まで駆け上りました。本種が
ソイルの需要を押し上げたと言っても
過言ではありません。ADAはトニナと
レッドビーを神棚に祀るべき(笑)

本種はその独特な草姿から誰がどう見ても間違うことは
ありません。「トニナ」と言えばこの水草です。
しかしながら、水草には同種異産地、同タイプ異産地などがあり、
並べても見分けがつかないものが多数存在しています。

トニナと言えばスターレンジです(笑)
スターレンジのベレンとアルタミーラはそっくりです。
なんだったらトカンチンスも似てたと思います。
エキノドルスなんかも産地が違うだけで見分けがつかないものが
あります。
似た種類を別の環境で栽培していて、それを別々に見た場合、
まず区別がつきません。

水草以外での似たような例としてはアグラオネマ ピクタムが
あります。同産地の同系統・異タイプとして入荷しても
その産地の傾向と言うものがあるので、現地サイズ以上に
育成したり、好条件の同じ環境で栽培した場合は、一定の
模様に収斂する場合もあるかと思います。
ただ、近年は「タグ」と言う名札がついていることがあるので
それが身分証明書のような役割を果たしているようです。

しかしながら、かつての採集物の水草にはそんなものが
ありません。
もちろん葉っぱの裏に名前が書いてあるわけでも
刻印があるわけでもありません。型番があったり
照らし合わせるカタログがあるわけでもありません。
JANコードも無ければ透かしもありません。
マイクロチップも電子タグも付いてません。
質屋に持って行っても見分けはつきません。
その区別のつかない同じ(似た)種類を割と大きく
異なる価格で販売しているのが水草です。

例えばエキノドルスのウルグアイエンシス。
ワイルド(の増殖株)とファーム物が区別がつくのかと
言われると、それぞれでタイプ違いがあるので
なかなか困難を極めます。と言いますかわかりません(笑)
主に黄緑のエキノドルスはワイルドで~産ですと
言われると「そうなんだ。」としか言いようがない。
ワイルドのウルグアイエンシスですが、
これだけで見ても区別はつきませんね。。。


















また、身近なところではギニア便のボルビティスも
普通はファーム物と区別がつかないでしょう。
まぁこれは価格に大きな差は無いような。。。(笑)

そうなると重要な点がいくつか出てきます。

・販売者がその水草の出自を把握しているのか
・初便(その便)を仕入れた履歴があるのか
・採集者と取引があるのか

と言うところがあるでしょうか。
それに加えて、

・似た種を混同しないように管理しているのか
・安易に出自不明の増殖株を入手していないか

と言う部分もそれなりに重要になってくるでしょう。
ただし、これらは資格や証明書があるわけではなく、
殆どが形として見ることが出来ないものばかりです。

これはすなわち「概念を信用で売っている」と言った
ところでしょうか。そして、その価値は、例えば
当店なら私を信用して頂いていると言う部分と
みなさんがそれはそう言うものだと言う事に
合意している事で成り立っています。

なんとも不思議なものですね。。。
ちゃんとやります(笑)

2018年1月20日土曜日

welcome back

近年は新たな水草の入荷がめっきり減ってしまいました。
特にワイルドの採集物と言うのは皆無といっても
過言ではないくらいのレベルです。

かつては南米からの未知の水草や個人採集の
東南アジア産水草が退屈する間も無く
続々と紹介され、その合間にファームの新着も
あったりして、選び放題と言う贅沢な時期がありました。

現在唯一残っているアクアリウム関係の月刊誌である
AL誌にある新着を紹介するコーナーの
アクアフィーチャーでも、かつては毎月3~5種は
水草が掲載されていたものですが、今となっては
掲載されるのが珍しいと言う状況です。

採集物に関しては、採って来る人が居なくなったので
入荷しないのですが(笑)、ファームからの水草は
途絶えたわけではありません。
現在でも昔からの定番種、例えばアヌビアス ナナや
ミクロソリウムなどのポット物、鉛巻きの有茎草、
そして現在は組織培養カップが輸入されています。

その中にファームの新作と言うものは少量ながら
毎年あるのですが、さほど目立って取り上げられることが
ありません。
もちろん、日本初入荷種の場合はT氏(笑)の目に留まれば
紹介されることもあるのですが、殆ど埋もれているように
思います。
それに加えて、

ファームの新作≠我々にとっての新作

ではないと言うことが、近年多くなっています。
さて、それはどう言うことか。
賢明な読者ならお気付きですね(笑)
かつて日本に入ってきた様々な水草が、日本で
流通した後、現在は海外のファームが生産して
日本に送られてきています。
















どういったものがあるのか見てみましょう。
近年のスターとしては先日も由来を取り上げました
Newラージパールグラスですね。
これは100%断言できます(笑)
AZ便で当店にのみ入荷したもので、即リリース分は
ともかく、まぁ大して売れなかったのでその後は
私が栽培して、這うのを確認して「前景用水草」として
リリースしたものです。

生産されている(されていた)ものでは、かつての
南米有茎ブームの時にもたらされた物が
ちらほら見られます。例えば。。。

トニナsp.ベレン
スターレンジ サンガブリエル
ケヤリソウ
パンタナールウェーブリーフハイグロ
スタウロギネsp.ポルトベーリョ
ハイグロフィラsp.アラグアイア
ミリオフィラムsp.ガイアナ

この辺は日本で楽しまれた後に海外へ流出したものです。
名前がちょくちょく変わっていて、下の3種は
アマゾンハイグロ ‘ポルトベーリョ’
アラグアイア レッドシャープリーフハイグロ
ガイアナ ドワーフミリオ
が当時の名称です。

また、東南アジアやアフリカ辺りの水草も、
水草業界の有名どころや問屋さん経由の
ワイルドものが、海外に持ち出されて生産されて
います。こちらも例を挙げますと。。。

ベトナムゴマノハグサ
インディアンクラススラ
ギニアンルドウィジア
ロタラsp.ベトナム
パンタナールヘミグラフィスsp.
ローライマブラックナヤス

この辺りは確実に日本由来です。
ブラックナヤスなんか好きな人が
かなり限られそうですが。。。(笑)
ベレンのレッドカボンバも来たのですが、
入荷時にちょっと大きかったのと葉数を
見てるとまだちょっと。

恐らくそうであろうけど、微妙なところや
一部不確実な部分が残るようなものは。。。

ブセファランドラsp.レッド
ブセファランドラsp.グリーンウェービー
ハイグロフィラ ピンナティフィダ
エレオカリス アキクラリス ミニ
ウォーターローン

これらはほぼ間違いなく日本由来だと
思うのですが、インドネシアやインドに関しては
ヨーロッパと繋がっている可能性があるので
断言できません。
ただし、水草としての有用性を最初に見出し、
アクアリウムに用いたのは日本で間違いないと
思います。
ヘアーグラスのミニは恐らくベレンのミニヘアー
でしょう。

まぁまだちらほらあるのですが、色々あって
割愛してます(笑)
入荷する水草からこれらを差し引いて考えた場合、
ラインナップの印象がガラリと変わる気がしませんか?

これだけ役立つ水草が日本から行ってるのに
いつまで経っても格下に見てるのは
どう言うつもりなのか。。。

しかしながら、新たな水草の入荷が無くなっている
現状からすると、今後は「おかえりなさい」と
言える水草はあまり出てこないかもしれませんね。